BACK→CONTENTS


iPhoto


くれないホテル


先週の日曜日、テレビ東京で「名曲ベストヒット歌謡」という番組が放映されました。
それは1960年代の歌謡曲の年代順ベスト5を紹介する番組でした。
昭和でいえば三十五年から四十四年までです。
ほぼ歌謡曲の黄金時代と重なります。

歌謡曲のマニアではありませんが、ファンであるわたしは、仕事の後の軽い疲れに身を任せて最後まで見てしまいました。
印象に残ったのは西田佐知子の映像です。
昭和三十五年の二位は、西田佐知子の「アカシヤの雨がやむとき」。
リアルタイムの映像がなくて、放映されたのは1969年の紅白歌合戦のビデオでした。
モノクロームの相当劣化した映像にも関わらず、改めて西田佐知子の歌唱と美貌を楽しみました。



わたしは「西田佐知子 全曲集」というCDを持っています。
全20曲、名曲ぞろいですが、中でも「くれないホテル」が好きでよく聴いています。
この歌の作曲は、かの筒見京平。
歌謡曲マニアの間では絶大な人気を誇る作曲家です。

その筒見京平が作曲した膨大な歌謡曲の中でも、名曲中の名曲といわれているのが「くれないホテル」。
確かに良い曲です。
緩やかなワルツの調べにのって、鼻にかかったハスキーな西田佐知子の歌声が、わたしを「くれないホテル」に誘います。
出口の見えない、「くれないホテル」とういうホテルへ。



作詞:橋本 淳 作曲:筒美京平 唄 西田佐知子


あなた知ってる くれないホル
傷を背負った 女がひとり
そっとブルース くちずさみ
真紅のベッドに 涙をこぼす
ああ くれない くれない
誰が名づけた くれないホテル

霧に沈む くれないホテル
やぶれた恋に 未練をだいて
そっとくちびる ふるわせた
やせた女の うつろな瞳
ああ くれない くれない
灯りさみしい くれないホテル

雨の小窓 くれないホテル
朝がくるたび 女は泣いて
そっとこころ とじるのよ
ため息さえも 今は思い出
ああ くれない くれない
誰が名づけた くれないホテル


「くれないホテル」。
深紅のベッドの、「くれないホテル」。
いつまでも悲しみが暮れない、「くれないホテル」。

曲はオシャレなバート・バカラックスタイルですが、歌詞は通俗的で、いかにもの歌謡曲。
でも、それで良いんですね。
万人がそれぞれの思いで心を共振できるのが歌謡曲ですから。



「くれないホテル」の窓には、青い空が拡がっています。
突き抜けるような青い空です。
でも、私にはその青が見えません。

「くれないホテル」は、深紅のベッドの他はモノクロームの世界です。
恋が終わって、未練が残って、後には何も残らない世界。
身を焦がした炎の残り火が、ベッドを深紅に染めているだけです。

「くれないホテル」は何処にあるのでしょうか。
「くれないホテル」は、海辺にヒッソリと佇んでいるのかもしれません。
あるいは、郊外の林の中にあるのかもしれません。
でも、「くれないホテル」は貴方だけしか泊まれないホテルです。



西田佐知子は関口宏と結婚して歌謡界を去りました。
西田佐知子のデビュー時の芸名は浪花(なにわ)けい子。
演歌の歌手のようですね。
(追記 西田佐知子ファンからのご指摘で、デビュー時は西田佐智子、それから浪花けい子になり西田佐知子になったそうです。)

実は西田佐知子は演歌も歌っていて、意外に良い味なんですよね。
「西田佐知子 全曲集」の中に「裏町酒場」という曲があります。
ド演歌ですが、西田佐知子の手にかかるとモダーンな色合いに変化して、そのブレンドぐあいが何ともいえません。
菊正宗のCMソングを吹き込み直した「初めての街で」はそのタイプの代表曲。
永遠に今の空気を吸っているような、「こぶし」です。




雨の小窓 くれないホテル。

その雨も何時しかやんで、そろそろチェックアウトの時間です。
「くれないホテル」は年中無休ですが、ロングスティは出来ません。
だってもう、貴方には外の青空が・・・・。





BACK→CONTENTS