iPhoto



 個人


休みの朝、気が向いてわたしは散歩に出かける用意をしました。
小さなカメラとiPodをポケットに入れて、近所の公園に向かいました。
イヤホンを耳に差し込み、いつものように曲のシャッフルを選択。



公園の入口を過ぎたころ、曲の調子が変化しました。
ロックやファンクから歌謡曲に変わったのです。
むせび泣くようなサックスのイントロにストリングスが絡み、気怠(けだる)い女性ヴォーカルが歌いだしました。
西田佐知子です。

たしか散々聴いた曲なのですが、とても新鮮です。
iPodのディスプレイで曲名を確認すると、「たそがれの恋」。
気分は高揚して、わたしは歩きながら歌詞に聴き入りました。

二番の歌詞の後半、そこで足が止まってしまいました。
ありふれた言葉を使いながら、見事な心模様の描写。
それを歌い上げる西田佐知子の歌唱。
今まで気が付かなかったのが不思議なほどの、佳曲、佳唱です。



「たそがれの恋」
作詞 水木かおる 作曲 藤原秀行 歌 西田佐知子

汽笛の音が 窓ごしに
ものうく響く 港のホテル
男と女の 仲なんて
なるようにしか ならないわ
いいの今さら どうでもいいの
もう 恋なんて

タバコの灰が 足もとに
ぽとりと落ちた 港のホテル
ひとりで悩んで 苦しんで
なんだかとても 疲れたわ
何をするのも めんどうくさくて
もう いやなのよ

海から吹いて くる風も
日暮れにやんだ 港のホテル
ミモザの匂いに 包まれて
このままそっと 眠りたい
いっそ明日が 来なけりゃいいの
そう いつまでも


二番の「ひとりで悩んで〜」から「疲れたわ」までが一息で歌われ、そこから少しスローになって「何をするのも いやなのよ」、そして一層テンポを落として、「もう いやなのよ」。
ありきたりの失恋歌ですが、痛いほど女性の気持ちが解かる歌詞と歌唱です。

西田佐知子の代表曲は「アカシヤの雨がやむとき」です。
「たそがれの恋」は同じ作詞作曲家コンビ。
三番の歌詞は「このまま死んでしまいたい」と同意ですから、「アカシヤの雨」のバリエーションともいえます。
(ミモザはアカシヤの親戚の植物です。)
「アカシヤの雨」よりは歌謡曲らしい歌謡曲で、西田佐知子もより深い感情を込めて歌っています。



歌謡曲は、虚構の世界にリアリティを現出させる芸能です。
失恋した女が、ひとり港のホテルに泊まっている。
現実ではこんなことはありません。
あったとしたら、その女はよほどのナルシストです。
散らかったアパートの一室で泣きはらしているか、どこかのバーで自棄(やけ)酒を飲んでいるが、現実です。

「たそがれの恋」は1967年のリリース。
高度成長期ですね。
港のホテルも遠い夢物語ではなく、現実のすぐ近くまで来た時代です。
汽笛の音は、多分外国に行く客船が鳴らしているのでしょう。

「たそがれの恋」の時代背景は、日本に個人という概念が定着した頃です。
女が旅館にひとりで泊まったら、怪しまれる。
自殺でもされるのではないかと、警戒されます。
でもホテルだったら、何の問題もありません。



ホテルの一室は、生活の匂いがなくて、自分自身の世界に没入できます。
個人が占有できる、空間です。
自由な恋に破れた女が、虚脱して、タバコの灰に気が付かない。
その虚ろな眼は、海の遠い向こうを見ていたのかもしれません。

「たそがれの恋」は、何のしがらみもない個人の関係喪失の詩です。
だから、深読みすれば、
「ひとりで悩んで 苦しんで なんだかとても 疲れたわ 何をするのも めんどうくさくて もう いやなのよ」
は、近代の個人の詩なのかもしれません。