iPhoto



再会


松尾和子は、「ムード歌謡の女王」と呼ばれた歌手です。
自宅階段から転落して死んだのが、1992年。
今から13年も前のことです。

松尾和子はもともとジャズ歌手でしたが、フランク永井の薦めで歌謡界入りしています。
そのフランク永井との共演作「東京ナイトクラブ」がデビュー曲で、代表作にもなっています。
その後、和田浩とマヒナスターズと「誰よりも君を愛す」、「お座敷小唄」の大ヒットを飛ばしました。

松尾和子は出自(ジャズ歌手)からか、歌が上手い歌手とされていますが、わたしの感触は違います。
歌唱力よりも雰囲気(ムード)の人で、その悩ましげなヴォーカルスタイルが唯一無二です。
前述したヒット曲はいずれも共演作ですが、単独での代表的ヒットは、何といっても1960年の「再会」です。


「再会」  作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田正 唄:松尾和子

逢えなくなって 初めて知った
海より深い 恋心
こんなにあなたを 愛してるなんて
ああ ああ 鴎にも
わかりはしない

みんなは悪い ひとだというが
わたしにゃいつも いいひとだった
ちっちゃな青空 監獄の壁を
ああ ああ みつめつつ
泣いてるあなた

仲よく二人 泳いだ海へ
ひとりで今日は 来たわたし
再び会える日 指折り数える
ああ ああ 指先に
夕陽が沈む




「再会」はムード歌謡というより、シットリとしたポップ調の曲です。
歌詞は、切々と女心を歌うという歌謡曲得意のパターンです。
歌詞の一番と三番は、それこそありふれた心象の描写ですね。
ところが、二番は異色です。
恋愛とはほど遠いと想われる、「監獄」が突然出てきますから。

1960年当時わたしは11才で、「再会」が街に流れていたのを憶えています。
しかし、歌詞の中に監獄があったのは知りませんでした。
知ったのは、五六年前に買った松尾和子のベスト盤CDを聴いてです。
(蛇足ですが、このCDを聴いて、松尾和子はわたしのタイプの歌手ではないことが分かりました。わたしとっては「お座敷小唄」で必要充分です。)

その時は、「ああ、そういう曲だったのか」と少し驚きました。
監獄が出てくる曲では、プレスリーの「監獄ロック」が有名ですが、あれは今のヒップホップみたいな曲。
「再会」とはまったく情況設定が違います。
「再会」は日本歌謡史上稀な、監獄を間に挟んだ愛の歌です。
Googleのイメージ検索で、
「再会」のシングルジャケットを見ましたが、確かに女が刑務所の塀の前に立っています。

ここで想像力の豊かなわたしは、獄中の男の罪についてあれこれ考えてしまいます。
窃盗だろうか、傷害だろうか、それとも寸借詐欺、置き引きだろうか。
しかしどう考えても、ピッタリな罪状が見つかりません。
これが思想犯だとしたら、問題なく収まるのですが、歌詞にそのようなニュアンスは皆無です。



考え始めると、どうしても正解を求めるのが人間で、行き着かないうちは落ち着きません。
どんな罪で、どのくらいの懲役なんだろうか。
そんなわたしの悩み(?)に電球が灯るような答がありました。
それは、男がヤクザであることです。

男がヤクザであれば、歌詞のすべてに納得がいきます。
そうなると、男の罪状は多分傷害罪でしょうね。
ヤクザ社会においては、懲役は商社マンの海外単身赴任みたいなものです。
出てくれば、普通はそれなりの待遇が待っています。

つまり、女はヤクザに惚れて、そのヤクザは仕事絡みで懲役に服し、女は昔二人で遊んだ海に来て、又会える日を待ち焦がれている。
「再会」とは、そういう歌なんですね。
今考えると、このような内容の歌が大ヒットしたのが不思議に思えますが、ヒットの大きな要因はそのメロディーにあります。
歌謡界の大御所だった吉田正による作曲は、一度聴いたら忘れられない魅力に満ちています。
当時としてはライトで洒落たアレンジに、松尾和子の濃厚なヴォーカル。
この組み合せも、後を引きます。



男がヤクザであったという答を得て、わたしはスッキリしましたが、まだ引っ掛かることがあります。

みんなは悪い ひとだというが
わたしにゃいつも いいひとだった

この部分です。
一旦、男がヤクザであることを忘れて考えてみましょう。
みんなが悪い人というのは、悪い人に決まっています。
問題は、その悪い中身です。
女癖が悪いのか、世間的に悪党なのか。

女癖が悪いと知りながら、それでも付き合うのは確信犯ですね。
それでなかったら、バカです。
恋は盲目といいますが、存外女性は冷静です。
小さい頃から恋愛のシミュレーションをイヤというほどしていますから、女癖の悪い男はすぐ分かります。
となると、やはりこれは確信犯になります。

確信犯だとすると、次の「わたしにゃいつも いいひとだった」と矛盾するようですが、これは矛盾しません。
どうして矛盾しないか、解らない人はご自分でよ〜く考えて下さいね。

世間的な悪党になぜ惚れるのかは、不良がモテるのを考えれば分かります。
光と陰が同時にあるからです。
もちろん、悪党や不良がすべてモテる分けではなくて、良質の光と影を持っているごく少数の人だけです。
悪党の正統は裏社会に生きるヤクザですが、ヤクザの日常には死の影が潜んでいます。
その分、生に精彩があり、女はそこに魅かれるそうです。
これは、阿部譲二の著作に書いてあったことですが。

「再会」の歌詞で最も印象に残るのは、上記の二行です。
ある意味で、恋愛の本質かもしれませんね。




「再会」には続編があります。
同じ作詞作曲者で、「再会の朝」。
出所の朝の再会、を歌っています。

「再会の朝」  作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田正 唄:松尾和子

指折りかぞえ また逢える日を
涙こらえて 待ってた私
ようやく鉄の 扉があいて
出られたあなた いい人あなた
泣いたりしない

乱れた髪を どうやらまとめ
ひとりで私 迎えに来たの
あなたの襟の ちっちゃなチリを
つまんだ指も いつもの指よ
ふるえているの

朝霧晴れて 呼んでる並木
喜ぶように かがやく緑
ゆっくり話し いたわりながら
あなたにすがり 強く生きたい
これからの二人


続編は、続編の常として、「再会」の大ヒットには遠く及びませんでした。